FC2ブログ

    Entries

    カウンセリング2

    今日もカウンセリング行ってきました。

    前回教わったことも、しばらく時間が経つと思考が元の状態に戻ってしまいます。
    悩むより行動する、人とつながりを持つ、大切なことと学びましたので続けたいと思います。

    ・その場で字を書いてみました。大変な勇気がいりましたが、カミングアウトした相手でしたので、最初は震えながらも徐々に書けるようになりました。
     手が振るえるたがってるのはそのままにして、読める字が書ければ成功だと言われました。

    ・あなたには赤面症の悩みは分からないと思うが、あちらからすれば書痙も同じように悩む理由が分からない。

    ・パーキンソン病の人も震える手で字を書くが、彼らには手が震えて恥ずかしいという感情は少ないだろう。自分の感情次第ということ。

    ・書痙がなくなったとして、どうなりたいですか?と聞かれた時、はっきりと答えられなかった。仕事や家庭での選択肢が広がると答えたが、自分でも納得感出来なかった。本当の原因はそこなのか?

    ・日記療法をやってる人がいる。ただ合わない人は続かない。感謝探しを続けることで生き方が変わってくる。

    ・あがり症はならないけど、絶対に克服できる。

    ・考える時間を作らない。予期不安の時間を増やすだけ。行動し、成功体験を作ることが大事。

    ・腑のスパイラルから抜け出すことが大事。
     震える→気にする→もっと震える→もっと気にする

    ・あがり症の二割ぐらいは書痙の人がいる。仲間が増えれば成功する話も聞けるし、勇気がでる。
    つながりがなければ絶対になおらない。
    今まで苦しい思いをして一人で戦ってきたのでは?
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://pandanokokoro1974.blog134.fc2.com/tb.php/385-d925d7e9

    トラックバック

    コメント

    [C423]

    pandaさん、お久しぶりです。
    覚えてますか?

    私は一番ひどい時に比べたら今は少し良い感じです。
    あくまでも自分比ですけど。

    ご家族や職場の方への感謝の気持ち、ほっこりさせてもらいました。
    震えるか震えないかが判断基準になりがちですけど、大事なのはそこではないんですよね。

    また来ますね。一緒にほどほどに頑張りましょう!
    • 2019-11-26 18:30
    • りん
    • URL
    • 編集

    [C424] Re: タイトルなし

    りんさん、お久しぶりです。
    しっかり覚えてます。

    りんさんは少し良くなったんですね。
    本当によかったです。
    私もカウンセリング受けて一歩前進ですけど、まだスタートラインだと思ってます。

    カウンセリングでは一緒に戦う仲間が大事だと言われましたので、たまにブログ覗いてもらえると嬉しいです。

    一緒に頑張りましょう。
    • 2019-11-26 20:31
    • panda
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    にほんブログ村