FC2ブログ

    Entries

    まだまだこれから…

    ずっと気にしていた結婚式が終わり、毎日力が抜けたような感じになっています。

    時間が経つと書痙の恐怖は元通りになってしまうようです。

    仕事の事務手続きを確認していたらサインが必要なことが分かり、
    まだ数ヶ月先のことですが、それを知った途端に不安が渦巻いてしまいました。

    また、一人でメモを取っていても、うまく力が入らず震える時があります。

    あまり気にしないようにしているのですが、心身ともに悪循環が習慣になっているのだと思います。

    目の前の事から「逃げない」というと消極的な気がしますが、
    目的に向かって「ただ行動する」ことが重要ですよね。

    せっかく進みかけた気持ちをどのように維持していくのかが課題です。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://pandanokokoro1974.blog134.fc2.com/tb.php/301-ac036d2a

    トラックバック

    コメント

    [C330]

    pandaさん、こんにちは。

    >一人でメモを取っていても、うまく力が入らず震える時があります
    緊張していなくても、ということですか?
    以前震えやすい体質、みたいなお話ありました?
    私は手の爪を切る時に切られるほう側の手が震えることが時々あります。
    あとコンタクトを入れるときとか、たまに。
    緊張してるつもりはないんですが、
    自覚はなくても細かい作業は緊張するんでしょうか…。

    失礼なんですが、ご不幸のときはどうされてますか?
    結婚式より機会が多いと思うのですが。
    今はホールのようなところが多いだろうし、
    そうするとだいたいカード式で問題ないんでしょうか?
    • 2013-01-22 11:15
    • りん
    • URL
    • 編集

    [C331] Re: タイトルなし

    りんさん、どうもです。

    一人でも震えるというのは、おそらく緊張性のものではなくて、
    字を書く時に手にうまく力が入らないといった感じです。

    もともと震えがあることは何となく自覚してました。
    人に指摘されたことあるんですけど、ジャンケンでチョキ出すときに震えてるんですよ。
    気にしないようにしてますけど…。

    とこかのサイトで見ましたけど、人間って必ず少しは震えているそうです。
    それを知ってからは震え自体は自然のものなんだって思えるようになりました。

    ところで、私は恵まれているのかも知れませんが、不幸に接する機会があまり無いんです。
    夫婦とも実家が遠いということもありますが、親戚や職場、友人関係でも直接的な機会は無いです。

    実は心の中でそれを一番恐れています。
    不幸の時にそのような事を言ってる場合じゃないんでしょうけど、弔事は突然にあることですし、
    やはり早く治さないといけませんよね。
    • 2013-01-22 21:38
    • panda
    • URL
    • 編集

    [C332]

    pandaさん、こんにちは。

    お返事ありがとうございました。
    夫が時々同僚のご家族のお通夜などに行っているので
    (年に2回くらい?)気になっていました。
    去年祖父が亡くなったときはお寺だったのですが、
    夫にまとめて記帳してもらいました。
    (ちょっとお客さん的な立場だったのかも?)
    セレモニーホールに何度か行っていますが、
    ロビーにカード式のものが置いてありました。
    亡くなった方への悲しみの気持ちよりも
    自分の記帳の心配をするって、やっぱり嫌ですよね。
    • 2013-01-23 13:23
    • りん
    • URL
    • 編集

    [C334] Re: タイトルなし

    りんさん、いつも有難うございます。

    私はセレモニーホールには行ったことがないのですが、
    弔事の時もカード式の場合があるのですね。
    いつもそうだと助かるんですけど…。

    不幸はいつ突然に訪れるか分からないので、
    書痙は克服したいですよね。
    • 2013-01-25 07:12
    • panda
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    にほんブログ村