FC2ブログ

    Entries

    気が付きました…

    書痙の症状がなかなか改善せず、病院に行こうかどうしようかと悩んでいました。

    ネットでいろいろと調べる中、先日ふとあるブログにたどり着きました。
    それは、「森田療法」です。

    以前からなんとなく森田療法の「あるがまま」というキーワードは知ってましたが、
    ネットの情報や本を見ても分かりづらく、思想的なものだけなので書痙は治らないだろうと勝手に思い込んでいました。

    私が見たサイトでは、このようにはっきりと書いてありました。
    「書痙は病気ではありません。病気ではないから、どんな治療をしても治りません。」

    病気ではなくて何か、それは性格からくる一つの症状です。
    性格だから治すとかいうことではなく、字を書く時に無意識になることです。

    書痙が治らないのは、「手が震えている自分を他人に見られるのが恥ずかしい」という意識があるからです。
    これは自己中心的・自己保身的な感情が強いからそうなっている訳で、字を書くのは相手に伝えるため。
    手が震えようがどうしようが、「相手に伝わる字をかけばいい」そのことだけを考えて書くことです。

    そうなるためには、「恐怖突入」(実体験)しかありません。
    避ければ避けるほど事態は深刻になる。人間の心はそのように出来ている。

    私は大きく反省しています。
    今までの人生思い返せば、自分のことしか考えてませんでした。
    思い当たることは多々あります。
    このような思考が神経症につながっているということに気が付きました。

    今までいろいろな克服法を探してきましたが、森田療法の考えが私にとって一番すっきりと頭に入ります。
    これから、もう少し森田療法について学びたいと思います。

    書痙になりやすい人は自分が納得できる治療法を探して治そうとするが、
    その状態での思考そのものが正常でないのだから、意味はない。
    、とも書いてありました。

    自分の思考を改め、恐怖突入することが必要です。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://pandanokokoro1974.blog134.fc2.com/tb.php/231-2c73e13e

    トラックバック

    コメント

    [C174] おはようございますo(^-^)o

    読ませていただいて、沢山沢山思う事があります♪
    とりあえず今日はまず行ってきます!
    • 2012-05-07 08:32
    • あっこ♪
    • URL
    • 編集

    [C175] Re: おはようございますo(^-^)o

    克服に向けた一つの転換期にしたいと思っています。
    ハードルは高いですが、お互い励まし合って前に進みましょう!
    • 2012-05-07 21:41
    • panda
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    にほんブログ村