FC2ブログ

    Entries

    信じるということ

    社会不安障害というものを知って、いろいろな事を考えました。

    震え、緊張、あがり症というのは、何か自分が感じる恐怖があって、
    それに対して自分を守ることが過剰に起きてしまっているということだと思います。

    なぜ恐怖は存在するのか?それは身の危険を感じるからではないでしょうか。
    では、身の危険を感じるときと感じないときの違いは何か?

    そのラインを引いているのは、やはり自分自身だと思います。
    大丈夫だと思っていれば緊張しないし、不安だと思えば緊張する。

    つまり、大丈夫だと思うこと、思い込むこと、信じること、だと思います。

    人間にとって一番の恐怖は、やはり「死ぬこと」ではないでしょうか。
    その恐怖を取り除くために、人間は一生をかけて信じることを深めていく。

    社会不安障害を克服するということは、自信(自分を信じること)をつけることです。
    今克服に向けてやっていることは、人生の一つの過程なんだと思います。

    そんな事を考えました。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://pandanokokoro1974.blog134.fc2.com/tb.php/175-c26422af

    トラックバック

    コメント

    [C110]

    pandaさん、こんにちは!
    私も社会不安障害というものを知って、
    いろいろなことを考えました。

    実際に症状が出てきてからは、自分が自分で
    なくなったみたいで苦しくて悲しかったです。

    予期不安をなくすようにと思って、
    心の中で「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせても
    結局はドキドキ、震えます。

    それで、なぜなんだろう・・て考えました。
    よく意識:無意識は1:9、というのを思い出しました。
    やっぱりどんなに自分に言い聞かせても、
    それは1割に過ぎず、無意識の9割が
    大丈夫と思っていないのかなって・・・。

    pandaさんの話し方教室で言われたという、
    「練習あるのみ」というのは、いっぱい経験して
    成功したり、失敗しても免疫が出来たりして、
    無意識に大丈夫と思えるようになるのかな・・・。

    だから、怖いけど、
    やっぱり失敗しても字を書いたり、
    震えても話したりする機会が多いほど、
    無意識の部分に大丈夫!と思える割合が
    増えていくのかな・・と最近考えました。

    少しでも「大丈夫!」になって、
    自分に自信を持ちたいです!

    pandaさんやコメントされている皆さんのこと、
    いつも応援しています!
    また是非お話聞かせてください(^^)
    • 2011-05-28 14:33
    • nana
    • URL
    • 編集

    [C111] Re: タイトルなし

    nanaさん、いつも有難うございます。

    話し方教室では、「練習あるのみです!!」とビシっと言われました。
    自分でそう思っているのと実際に言われるのでは、感じ方がだいぶ違うような気がします。

    こうやってnanaさんや他の方からもコメントを頂けると、本当に励まされて力強いです。
    これからも、励ましあいながら一緒に頑張りましょう。

    よろしくお願いします。
    • 2011-05-29 14:48
    • panda
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    にほんブログ村