FC2ブログ

    Entries

    書痙の発症

    私が書痙に気づいたのは就職して一年目の事でした。

    会社の同期の結婚式に呼ばれたのですが、
    ふと記帳の時に受付の人の視線が気になって、手が震えはじめるのです。

    何とか書き切ろうとするのですが、震えを抑えようと思えば思うほど
    振るえが激しくなり、住所も名前もミミズが這ったような字になってしまいました。

    それ以来、職場の机で書類を書く際にも他人の視線を気にするようになり、
    隠すように字を書いています。

    ホテルのフロントなど対面で字を書く場合には、字を書いているところを
    確実に見られてしまうという意識が支配してしまい、当然のごとく震えてしまいます。

    「見られていない」「見られても気にしない」と思ってみてもダメなのです。

    認知のゆがみで言うと、

    2.一般化のしすぎ
      (過去の失敗が毎回発生すると思い込むこと)

    に当てはまるのだと思います。

    この思い込みをどのように転換すればよいのか…。
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    http://pandanokokoro1974.blog134.fc2.com/tb.php/12-6f35e9ff

    トラックバック

    コメント

    コメントの投稿

    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    にほんブログ村