FC2ブログ

    Entries

    悩みごと

    「あなたは今悩みごとありますか?」って聞かれると、いろいろ言ってしまうと思います。書痙、アガリ症、人間関係、仕事、劣等感、金銭面、健康面など、自分中心のものが多いところが悲しいですが…。でも悩みごとって、その人が「悩む」から「悩みごと」なんですよね。悩まなければ、悩みごとにはならないんです。私もこれを聞いたとき(どこでか忘れましたが)、ハッとしました。私は「悩む癖」が身についています。「悩む」とい...

    生への執着

    神経症になりやすい人の特徴に「生への執着心が強い」というのがあります。私は「死ぬのが怖い」です。もちろん誰でもそうだと思いますが、小さい頃から今も「死んだらどうなるんだろう?」「死んだら自分が無くなる」「死んだらおしまい」という恐怖心が一般的な人よりも心の奥底に強く潜んでいます。生きたいと思う気持ちが強いからこそ、自分の脅威となるもの、失うもの、周囲の変化などいろんなことに敏感になり過ぎています。...

    まだまだこれから…

    ずっと気にしていた結婚式が終わり、毎日力が抜けたような感じになっています。時間が経つと書痙の恐怖は元通りになってしまうようです。仕事の事務手続きを確認していたらサインが必要なことが分かり、まだ数ヶ月先のことですが、それを知った途端に不安が渦巻いてしまいました。また、一人でメモを取っていても、うまく力が入らず震える時があります。あまり気にしないようにしているのですが、心身ともに悪循環が習慣になってい...

    森田療法と神経症

    森田療法では「人のためにあるがままに行動する」ことで不安もなくなっていく、と昨日書きました。「人のために行動する」ことと「書痙やスピーチ恐怖症の克服」がどう関係があるのか、私には理解できません。書籍によると、行動することで意識に変化が生まれ、自分のことが気にならなくなるそうです。もちろん急に変化することはありません。そのような行動を継続することで変化が飛躍するタイミングがあるそうです。それは私も体...

    行動から変わる

    今回の結婚式までの3ヶ月間は、私にとって予期不安の連続でした。考えれば不安になり、忘れようとしてもふとした瞬間に思い出してしまいます。日が近づいてくると不安が増大し、夢にまで登場する始末でした。性格的に不安が強いから他のことが手につきませんでした。年末年始休暇も頭の片隅から離れませんでしたし、結婚式より先の予定など考えられません。それぐらい、予期不安に頭の中が支配されていたのだと思います。さて、森...

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    検索フォーム

    にほんブログ村