FC2ブログ

    Entries

    司会

    7月上旬、私の職場でちょっとした説明会を開催します。私は直接の担当ではないので、自分に火の粉がかかってくるとは思ってなかったのですが…、「あのー、今度の説明会で司会をお願いします!」と同僚に頼まれてしまいました。私より若手に頼まれると、やはり断れないです。うーん、司会かあ。正直やった事ないから、どうやっていいものか…。でも自分が説明するよりも、大丈夫かな?と勝手に思いながらも、気が付けばカウントダウ...

    人生のリミット

    以前から少し気になっていた本を読みました。「29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。」理由はタイトルが気になったからです。主人公は派遣で働く女性。派遣の少収入から抜け出せず、恋を失い、生きる意欲も失った主人公が、あと一年で死のうと決める。死ぬ前に派手な生活がしたいといろいろな方法で貯金に走るうちに、様々な人と出会い、今まで知りえなかった人生観分かり、生きる目標を見つけます。あまり詳しくは書きません...

    一人で震えました

    今日は仕事の関係で印鑑を押してもらいに行きました。以前、同僚と一緒に行って台帳に記入する時に震えた場所です。今回は一人ですし、見ている人もいないので大丈夫だと思ったのですが、自然と震えました。あまり気にはしてないのですが、単純になぜだろう?と考えました。「震えるときは震える」これがあるがままでしょうね。事実は事実として受け止めます。...

    渡る世間に鬼は無い

    テレビドラマで「渡る世間は鬼ばかり」は聞いたことがありましたが、もともとは「渡る世間に鬼は無い」って諺だと知りました。意味は、「世の中は悪い人ばかりではなく、親切にしてくれる人もたくさんいる」ということです。私達が緊張するのは、「自分を守るため」というのが根底にありますが、その先に「人に何か不利益なことをされるんじゃないか」という「人を疑う心」があると思います。緊張しようが、震えようが、その事で人...

    人生を充実させるとは

    とある本を読みました。死刑囚と無期懲役囚の研究をされた方の本です。皆さんはどちらの人生が充実していると思われますか?(どっちも嫌だっていうオチは無しですよ)死刑囚はいつ迎えが来るかわからない毎日に怯えながら、残り少ない人生を大事に過ごしている。気分の浮き沈みが激しい状況にはあるものの、毎日忙しく過ごしているそうです。残りの人生時間が凝縮され、生のエネルギーに満ち溢れています。無期懲役囚は無限に同じ...

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    05 | 2012/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    検索フォーム

    にほんブログ村