FC2ブログ

    Entries

    5月も終わり

    今日はただの日記です。今日で5月も終わりですね。4月に新しい職場に異動してはや2ヶ月、正直まだ慣れません。まだ毎日気が張っていて、家に帰ったらぐったりしてしまいます。5月病にはなりませんでしたが、6月病かな?なんだかんだ言っても、結局人間関係です。自分より優れている人を見ると劣等化にさいなまれます。私が人付き合いが苦手なのは事実、気にせずに出来ることをやればいいと分かっているのですが、今はまだ出来...

    行動基準

    今までの私の行動基準を正直に言えば、「自分が得をするか」だったと思います。決して「人のために尽くしたくない」という思いはありませんが、よく「気が利かない」と言われました。やはり自分のことしか考えていなかった(自己中心的)と思われても仕方がありません。20代の頃、パチンコにのめり込んだ時期がありました。勝っても勝っても、また勝てると思って行ってしまう。負けても負けても、取り戻さないとと思って行ってし...

    恐怖突入

    森田療法では避けて通れないのが「恐怖突入」です。別の言葉で、「エクスポージャー」や「暴露療法」などとも呼ばれます。昨日の高所恐怖症の例で言えば、「高い所に行く」ことです。そして、恐怖が長時間続くことはありませんから、高い所に「慣れる」ことです。急に高い所が難しい場合は、低い所から始め、少しずつ高い場所に上げていきます。(認知行動療法)あくまでも恐怖を無くすのではなく、「恐怖に慣れる」ことが重要です...

    高所恐怖症

    森田療法は「根本療法」とも呼ばれています。各神経症の根本原因は同一のものであって、これを取り除くことで各症状が改善すると言われています。私は子供の頃、高所恐怖症でした。ジェットコースターは苦手でしたし、高いビルの窓から眺める景色も足元がすくむばかりでした。今でも高所恐怖症は残ってますが、普段生活するには支障のない状態です。高い所が怖いという感情は、人間の生命を守る上で必要な本能です。これは誰にでも...

    恐怖症

    「対人恐怖症」や「視線恐怖症」という言葉があります。恐怖症とは一体何なのか?「不眠症」を例に考えてみます。「不眠症」とは眠れない状態やそれによる睡眠不足をいいます。神経質な人は眠れない状態が繰り返され、「また今夜も眠れないのではないか」と考えることによって、また眠れなくなる状態が続くことがあります。実はこれ「不眠恐怖症」なんです。「不眠症」は誰にでも起こりえます。でも「不眠恐怖症」は神経質な性格の...

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    04 | 2012/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    検索フォーム

    にほんブログ村