FC2ブログ

    Entries

    不安階層表

    行動療法の一つで「不安階層表」というものがあります。詳しくは分からないのですが、結婚式で記帳できるようになったり、100人の前で発表できるようになるというのは、急に出来ることはまずありません。そこで、不安に思う症状について緊張度合いの低いものを0点、最終目標を100点として徐々に目標に向かって階段を上っていくようなイメージです。私の手が震える症状で、不安階層表を作成してみました。------------------...

    何もない時

    このブログに書いてある通り、私は社会不安障害を抱えていて、悩める日々を過ごしています。ここ数週間、私を悩ませ続けた発表も何とか終わり、今は恐怖から逃れられほっとした日々に戻りつつあります。私だけかも知れませんが、症状が発生するような場面が予定に無い場合、ついその事を忘れてしまいます。その時はいいのですが、時間が経つと当然人前で字を書く機会があるし、発表する場も出る訳です。問題の場面が予定に入ると、...

    コップを持つ手が震える

    今日は仕事で20人ぐらいの前で少し話す機会があった。うまくはいかなかったが、声は震えなかった。話しながら思ったが、自分は早く終わらせようとする傾向にある。それは緊張の時間を短くしたいからだが、そのせいで早口になりカミカミの状態になってしまう。あせらずに話すには、話す内容を頭の中でトレーニングしておくことが重要だ。その辺はこれから先の課題として、20人の前で話せた実績を自分的には成功としてとらえたい...

    書痙をどうするか

    一人で字を書く時も、手の調子がだんだん悪くなってきた。すらすらとはほど遠く、一字一字を書くのに力が入ってしまう。もう人前で字を書くことが出来ないのだろうか。「一生人前で字を書くことがなければ、どんなにいいだろう」そう思うようになってきた。このままではいけない・・・。パソコンが普及した今、職場でも自宅でも字を書く機会がほとんどない。まずは普段から字を書く癖をつけなくては。...

    いじめの背景

    前回書いたいじめの話について今考えると、加害者の家庭環境にも事情があったように思う。当時はそのように考えたことはなかったが、加害者だった何人かの同級生は両親が離婚したり、祖父母の家庭にすんでいた。もちろん、そのような家庭環境でも立派に育っている人は大勢いるし、今では珍しくないだろう。当時、同級生の家には父親の愛人が出入りし、落ち着かない生活環境のようだった。加害者であった同級生は家庭で十分な愛情を...

    Appendix

    プロフィール

    panda

    Author:panda
    社会不安障害に悩む30代後半の中年サラリーマンです。同じ悩みを抱える方々と支え合い、克服できればと思っています。

    カレンダー

    05 | 2010/06 | 07
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    検索フォーム

    にほんブログ村